タント 初心者でも出来る値引き交渉術!

 

新車の値引き交渉が初めての方、交渉事は苦手な方、そんな方へ向けたタント値引き交渉の入門編です。

 

難しくありませんので、タントを安く買うために是非実践しましょう!

 

下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受ける事をおすすめします。

 

買取店の相場を把握しておけば、ディーラー査定が適正かどうかの判断が出来ますし、査定額の上乗せの交渉もしやすいでしょう。

 

下取り車がある場合は、下取り車を最高値で売るには?も合わせてご参考下さい。

 

 

タントから値引きを引き出すコツ

 

タントから値引きを引き出すコツは、相見積もりです。

 

タントには、強力なライバル車が他社から出ているので、そのライバル車の値引き条件をタントにぶつけて行けば、値引きを引き出せます。

 

タントのライバル車は、タントと激しく販売台数を競っている「ホンダNBOX」やダイハツのライバル社であるスズキの「スペーシア」、室内空間や使い勝手がタントと同等の「日産デイズルークス」「三菱eKスペース」が有効なライバル車です。

 

このライバル車たちの値引きを引き出して、タントのダイハツディーラーへ条件をぶつけましょう。

 

 

ライバル車から値引きを引き出すには?

 

タントのライバル車から値引きを引き出すには、「ライバル車同士の競合」が必要です。

 

例えば、「スズキスペーシアの値引き額を日産にぶつける」→「日産デイズルークスの値引き額を三菱へぶつける」→「三菱eKスペースの値引き額をホンダへぶつける」と言った競合です。

 

こうしていけば、ライバル車の値引き額が徐々に大きくなっていきます。

 

この間の値引き交渉は、難しい話術は必要ありません。

 

「まだ迷っていて車種を決めきれない」「出来るだけ安く買いたいです」と訴えて他車の値引き条件をぶつけていけば、相手のセールスさんが白旗を挙げない限り値引きは増えていきます。

 

 

新車見積もりで注意すること

 

タントや他車の見積もりをもらう時に注意する事は、できるだけシンプルな見積もりをもらいましょう。

 

見積もりに入れるオプション品を統一しておけば、各車同士で金額の比較がしやすくなります。

 

ただ、標準装備の差で金額に差がある場合は、同等の装備になるようにそのオプションを加えましょう。

 

セールスさんによっては、総予算を聞いてくることがあります。こちらからセールスさんに予算を伝える時は、その予算の条件が通れば契約する時です。

 

交渉終盤の「決めていも良い時」までは、こちらの予算は言わない方が、値引き金額は大きくなりやすいです。

 


タントの限界付近の値引き条件を引き出す

 

ライバル車同士の競合で、ライバル車から値引きを引き出したら、その条件をタントのダイハツディーラーへぶつけます。

 

ライバル車の値引き金額を伝えて、「タントが欲しかったが、ライバル車がこれだけ安くなるので、正直迷っています」とやれば、ライバル車の条件と同等かそれ以上の条件を出せるディーラーなら、「ちょっと待って下さい」となって何らかの条件提示があるでしょう。

 

ここからさらに値引きの上乗せを目指すなら、「タント同士の競合」が有効です。

 

越境が可能なら、県をまたげばディーラーを経営する会社が違うので、「ダイハツA店の値引きをダイハツB店にぶつける」と言うようなダイハツ同士の競合が出来るようになります。

 

さらに新車を購入できる買取店や整備工場などがあります。

 

これらのサブディーラーとダイハツの正規ディーラーを競合させても、タント同士の競合となって、効果が高くなるでしょう。

 

 

値引きと査定は分けて交渉

 

下取りに出す車があるなら、下取り金額が上がるように値引きと一緒に商談していきます。

 

その時、新車の値引き金額と下取り査定金額は、一緒にしないで商談を進めます。

 

値引きと下取りがごっちゃになってしまうと、最後に内訳を見ると「思ったより値引きが少なかった」と言う事にもなりかねません。

 

値引き金額と下取り金額は明確にして、商談を進めて行きましょう。

 

 

ハンコを捺す前の最後の一押し

 

タント同士の競合で、一番安いディーラーが絞られたら、最後に予算を伝えて「この条件になればタントを契約します」と伝えます。

 

最後の予算を伝える時に、契約したい目標金額よりも多少上乗せした条件を伝えます。

 

総額170万円が希望なら、「165万円になれば契約します」とやります。それが通ればOKですが、出来なければ何らかの妥協案を出して来ることがあります。

 

その時は、それで納得せず「数万円のサービス」を申し出るといいでしょう。

 

数万円分のオプションサービスや数万円分のオプション割引きが最後に通りやすいです。

 

そして自分の納得できる条件になれば、タントを契約しましょう!

 

 

下取り車がある場合は

 

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。その方法は下取り車を最高値で売るには?で紹介していますので、合わせてご参考下さい。

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 ダイハツ タント購入サイト! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com